コラーゲンを味方につけて、美肌になろう♪

食品でコラーゲンを摂るなら

コラーゲンというとコラーゲンドリンクやサプリを思い浮かべる人が多いと思いますが、食品にももちろんコラーゲンが入ってます。
コラーゲンたっぷりの食材として真っ先に思いつくのが豚足!豚足のプルプル感はすべてコラーゲンです。ほかにも、鶏肉の軟骨や皮・手羽先、魚の皮、牛すじ、フカヒレ、すっぽんなどなどに多く含まれます。魚や肉にたくさん含まれているのが特徴です。

 

よく、魚や肉をにつけた後、しばらく置いておくとゼリー状に固まりますよね?あれがコラーゲンの正体です。気持ち悪いからと言って捨てたりしないようにご注意を!あっためれば溶けますので、魚や肉を煮たときは最後までしっかりいただきましょう。
意外なところでは、ゼラチンですね。ゼリーやババロアを作るときに使う、あのゼラチンです。実は、ゼラチンの原材料は牛の骨などのたんぱく質で、食品として摂取できるゼラチンは、コラーゲンそのものと言って過言ではありません。だからと言ってババロアをたくさん食べるわけにはいきませんが(笑)、肉や魚だけではない、ということも覚えておくと役に立つと思います。

 

お肌をキレイに!という人は、割と野菜をたくさん食べるイメージがありますが、野菜だけでは肌はキレイになりません!ビタミンなどはたくさん摂れますが、タンパク質が足りなくなりますからね。動物性のたんぱく質はお肌に欠かせない栄養素ですので、肉も野菜もバランスよく食べましょう。